機器紹介
MANA整骨院では様々な機器を使用して施術を行っております。
  • 干渉波治療

    干渉波治療

    周波数の異なる複数の電流を体内で交差するように複数の導子を配置し、体内に生じるうなり電流により治療を行います。
    リズミカルな刺激、患部を全体的に刺激する感覚、刺激部位がゆっくりと移動する感覚などが得られます。

  • ホットマグナー

    ホットマグナー

    ホットマグナー(磁気加振式治療器)は、従来の温熱パックによる表皮温熱方法とは異なり、治療部の深部までじっくり温め、その温熱効果は治療後も長く持続します。
    温熱は40℃・50℃・60℃・70℃の4段階に設定することが出来、振動は電磁コイル間の吸引、反発の左右運動と貝殻状のコイルボビンによる上下の振動により立体的な微振動を1秒間に50~120回発生し、心地よいマッサージ感が得られる。
    磁気は交番磁場でN極・S極が交互に変化し、磁束密度は120ガウスから620ガウスまで自動的に変化する構造となっています。
    治療器の特性である温熱は、温熱が与えられると小血管がふくらみ、血流速度が増し、組織細胞が膨張して組織の内圧が上がる、科学的過程、組織代謝も促進する効果がります。

  • マイクロ波

    マイクロ波

    マイクロ波治療器には、こんなすばらしい効果があります!

    ①鎮痛効果(痛みを和らげる効果)
    ②筋緊張の緩和
    ③血流改善
    ④代謝亢進


    適応となる疾患としては、変形性関節症・捻挫・坐骨神経痛・リウマチ・筋肉痛・神経痛・肩関節周囲炎・腱鞘炎などがあります。
    その他の機械と併用して使うことで、より治療効果を上げていきます。

  • テクトロン波

    テクトロン波

    痛みの治療と筋肉トレーニングが同時にでき、スーパーテクトロンとは高周波電流を使用し皮膚刺激が少なく、より深部まで通電できます。
    筋肉の収縮による気持ちの良いマッサージ効果や筋力アップ効果で頚椎捻挫、五十肩、腰痛、膝痛、坐骨神経痛、関節可動域改善等に大変効果があります。
    散歩など運動をして体の筋肉を鍛えてくださいと患者さんに勧めてもなかなか実行してもらえません。
    しかしこのスーパーテクトロンを使えばその筋力アップ作用で肩・腰・膝等の筋肉が増強され肩・腰・膝等の痛みを和らげるのにおおいに役立ちます。

  • 超音波治療

    超音波治療

    超音波とは、人間には聞こえないほどの細かい周波数で振動する音波のことです。
    超音波の特徴として、高い除痛効果、指では届きづらい深部へのミクロマッサージ、立体加温効果による細胞の活性化の3つの作用で大幅に治療率がアップします。
    むち打ち症をはじめ、手首の痛みや坐骨神経痛の緩和、スポーツ外傷などの急性疾患から、慢性疾患まで幅広く使用でき、即効性と持続性を備えていて、スポーツ選手などにも幅広く使用されている優れた治療器です。